出荷/輸出

Engineered Materials, Inc. - Shipping

世界が地域集中型経済から全世界的経済へ変貌を遂げ、その結果様々な地域毎に出荷、保管、開発と細分化された。このロジスティックの変化で、より複雑なサプライ・チェーン、輸送時間の増大化、大気汚染や地域温度差などのよる製品のストレス増加をもたらしました。アジア、南アメリカ地域のような大気汚染レベルの悪化、または「製造されたまま」や「劣化の無い」製品を保つのが難しくなるという製品ストレスを生みました。例えば、H2S(硫化水素は非常に強烈な大気汚染ガス)のレベルは北米では8ppbですが、ブラジルでは600ppb、アジア沿岸諸国では800ppb以上になります。(実測値)

メーカーは製造段階から、この大気汚染レベル増加に対処すべきであると考えます。インターセプトテクノロジー™はこの汚染レベル増加に反応性高分子が対応します。インターセプトは、長期の輸送期間、環境悪化、地域的な大気汚染増加、海運輸送、航空輸送、などの要因から目的地への輸送時に製品の信頼性を損なわれないと保証します。

インターセプトテクノロジー™・パッケージの最初の広範囲な導入事例の一つは輸出梱包用アルミバリアバッグからの入替えでした。従来のアルミバリアバッグは鉄鋼の腐食防止を目的とし、完全なヒートシールを施して相対湿度37%以下を維持するものでした。問題は、これらのバリアバッグの溶着が不十分でフタが開いてしまえば、乾燥剤も効かなく、保護が維持出来ません。さらに袋の破裂、ピンホールなども同様です。また、バリアバッグは折曲げられ、金属層に日々が入り穴が開きます。バリアバッグはバッグの外部環境を全く考慮しておりません。また、密閉は溶着に完全依存します。別問題として、非鉄金属の腐食は全くと言っていい程、湿気に影響されません。つまり、非鉄金属の腐食速度に湿気は何ら影響しません。

インターセプトテクノロジー™は一度開梱したバッグをテープで留めることが可能です。例えば、税関検査の開封後に簡単にテープで再び封止したり、倉庫での開封、封止など。インターセプトバッグの使用時には少量の乾燥剤が必要です。(1㎥あたり8ユニット)さらにバッグの内部でもRIFDタグは使用可能です。RIFD遮断が必要な場合はRIBSはをご用命下さい。

Products

  • コローションインターセプト®:ストレッチフィルム、フィルム、シュリンクフィルム、KorrVu® with CI
  • スタティックインターセプト®:100、150μmフィルム、バッグ、ラップ
  • インターセプト2、インターセプト3:フィルム、バッグ
  • RIBS MVTR™:フィルム、バッグ
  • インターセプトシュリンク™:150μmCIシュリンク内装用
  • 175、200μm SI シュリンク内装用、外装用